美白のルール

プラセンタが危険というのは本当!?

投稿日:

プラセンタの美白効果

アンプルール

アンプルールはハイドロキノンによる美白効果が特徴のスキンケアですが、近年、私たちは美容のために様々なスキンケアやサプリを取り入れています。プラセンタもその1つ。最先端の科学により、動物性のプラセンタ溶液からの潜在的なホルモン副作用の危険なしに、アンチエイジング効果を得られるようになりました。

プラセンタとは動物の胎盤のことです。数十種類のアミノ酸や酵素が含まれており、古代エジプトではクレオパトラが若返りの秘薬として愛用してたといわれています。プラセンタは何世紀にもわたって漢方の一部として用いられ、美容や健康のために世界中で使われてきました。

プラセンタとは、お腹にいる赤ちゃん(胎児)とお母さんの身体とをつなぐ「胎盤」のことです。プラセンタサプリは、この胎盤のエキスをギュッと閉じ込めた栄養補助食品です。アミノ酸やビタミン・ミネラルなど成人女性に不足しがちな栄養素を効率的に補うことで、自信に満ち溢れた日々を応援します。
引用:フラコラ

プラセンタは主に羊などの哺乳類から抽出されます。医療機関で提供されているものには、人の胎盤を原料とするものもあります。

アンチエイジングとしてのプラセンタ製品

プラセンタ

プラセンタは前述したような様々な栄養素が含まれています。特に美肌やアンチエイジングに嬉しいアミノ酸やビタミンが多いのが特徴。美白やシミ対策といった効果が期待できるのです。

プラセンタには、たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなど美肌の素となる5大栄養素が豊富に含まれているだけでなく、最近では皮膚科の領域でも、“エイジングケア”や“シミ対策”、季節や体調により揺らぎやすい肌の“肌質改善”などにも有望とされ、プラセンタが積極的に使われるようになりました。「年齢を重ねても若々しく美しい肌を保ち続ける上で重要な要素が「血行促進作用」「抗酸化作用」そして「線維芽細胞増殖作用」の3つ。実は、素晴らしいことにプラセンタはこの3つの要素を全て兼ね備えた、まさに美薬。皮膚科の専門医が多用するのも納得です。
引用:クラシエ

近年、アジア諸国では動物性プラセンタ製品を使用して、皮膚の若返り効果を長年にわたって得ています。プラセンタは主に高価な注射で入手可能ですが、サプリという形で低価格のカプセルでも入手可能となりました。

ヨーロッパのスパでも、羊のプラセンタをフェイシャル用として提供。化粧品カウンターやインターネット上で入手できるようになりました。羊のプラセンタを利用することにより、女性は若さを保つことができると報告されています。

美容師や美容外科医の中には、羊のプラセンタ製品が外科手術用フェイスリフトの代替品である可能性があるといいます。コラーゲンの成長を促し、肌を引き締める効果があるといます。

プラセンタは危険?安全性は?

羊プラセンタは人のプラセンタと遺伝的に近いため、栄養素が人体にすばやく吸収されます。しかし、人間と他の哺乳動物とが似ているのは確かですが、動物に安全なものが遺伝的に人間にとって安全であるとは限りません。

たとえば哺乳動物のプラセンタには、体内ホルモン「エストラジオール」が大量に含まれています。これは、乳癌および子宮癌を発症する女性のリスクを上回る可能性があります。また、羊のプラセンタにはプロゲステロンも含まれています。プロゲステロンはヒトのエストロゲンとのバランスが取れていても、その過剰摂取は望ましくありません。

エストロゲン補充のための医薬品であるプレマリンの歴史を考えてみましょう。妊娠中の尿中のホルモンで作られたプレマリンは、閉経時に体ホルモンを補充する目的として長年女性に処方されていました。

プラセンタ製品の製造元は、ヒト成長ホルモンが月経周期ブーストを調節し、皮膚を若返らせるメリットを提供すると述べています。しかし、彼らが言っていないことは、これらの商品にも動物性タンパク質が含まれているため、これらの商品は特定の人々に重度のアレルギーを引き起こす可能性があるということです。

安全に美白効果を得るためには

以上のようにプラセンタには高い美容効果があるものの、誰にでも安全というわけではありません。リスクなく美白を求めるのであれば、新安定型ハイドロキノンを配合したアンプルールがおすすめです。

ハイドロキノンは高い美白効果がある一方で刺激が強いという側面があります。しかし、新安定型ハイドロキノンは刺激の少ない最新型のハイドロキノン。このため、安全性が高く幅広い肌質の女性でも使えるようになったのです。

-美白のルール

Copyright© アンプルール マニア! , 2018 All Rights Reserved.